まもなく、飛び鉄がまいります。

マイラー活動や飛行機、鉄道について自由気ままに書いています。

まもなく、飛び鉄がまいります。

マイルと飛行機と鉄道と。

PASMOの東京メトロ一日乗車券が登場

こんばんは。さざなみいです。生きてますよ(笑

相変わらずブログが習慣にはなっていないようです。

さて、今日は鉄道関係です。

東京メトロPASMO一日乗車券が4/1から発売

本日(2月23日)、東京メトロからこんなニュースリリースが出されました。
f:id:sazanamie:20170223230955p:plain
PASMOの一日乗車券が出るようです。

www.tokyometro.jp

東京メトロの一日乗車券といえば、去年3月に始発から終電までの一日券から24時間券に変わったのが記憶に新しいところですね。
なので、一日乗車券としては「復活」といったところでしょうか。

IC化のいいところ

やはりニュースリリースにある通り乗り入れ先の駅まで行った場合の自動精算でしょう。
境界駅で一旦下車するか、降車駅の窓口精算が一般的なのでメリットとして大きいのではないでしょうか。

IC化のよくないところ

まず記名式PASMOが必要な点。PASMO以外には載せられない為関東以外から来る観光客向けではないですね。外国人はまず無理でしょう。
持っていなくても同時に購入できますが、一日乗車券買うのに名前・性別・年齢・電話番号まで登録する手間をかける人がどれくらいいるのやら。
定期券と同様の方式なので記名式が必要なのでしょう。持っていない人は24時間券の方が楽だと思います。
次に、印字について
f:id:sazanamie:20170223223848p:plain
イメージ画像を見ると定期券と同じような印字がされることがわかります。
使い終わった後はどうしましょう?印字したまま使っても問題はありません。しかし、印字を消したい場合は定期券うりばに行く必要があります。
消すか残すかは自由ですが、何回もやると前の印字がきれいに消えず汚くなってきますので微妙なところですね。

総合的に見ると、東京メトロを使い慣れている人向けではないかと感じました。

活用法を考えてみるが・・・

自動精算を活かして考えてみましょう。
事前に購入して、チャージもしておけば乗り入れ先からメトロへ行って、メトロ内を自由に乗り降りして、乗り入れ先へ帰るというのが1枚でできるようになります。
便利ですよね?だがしかし・・・。
www.tokyometro.jp
はい。そういうフリーきっぷ、私鉄用は既にあるんです。この使い方で楽できるのはJRくらいですかね・・・。


私は乗り入れ先の私鉄沿線に住んでいるため使うことはないと思いますが、少しでも便利になることは良いことです。
今後の東京メトロの取り組みにも期待したいと思います。
ではまた。